レッドフードガールX 32 (32話) | 井荻寿一

レッドフードガールX 32 (32話)



井荻寿一

「この身体にはもうあまり時間がなさそうだ」吐血し、そう呟く。王妃の前に現れた一本角のオオカミ?は「オオカミはみな、王妃の命令を待っている」と伝え、王妃もまた「ふさわしい舞台を用意する」と応える。一方、ダグ法相が死んだことで、大臣らが会合を開いていた…

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア