水野と茶山 下 (2巻) | 西尾雄太

水野と茶山 下 (2巻)



西尾雄太

自分らしくあるために、高校卒業と共に町から出ていくと決めていた水野。家に縛られ、敷かれたレールの上をただ歩くしかないと諦観していた茶山。すれ違いながらも高まる互いへの思い。それぞれの決心が揺らぐ中、ふたりはどんな未来を選択できるのか……。生傷絶えな,,,

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア